有害鳥獣の捕獲について

トップ記事有害鳥獣の捕獲について

有害鳥獣の対策と捕獲

野生鳥獣のなかには、特定の時期や生活環境及び農林水産業等に被害を与えるものがあります。被害の状況及び防除対策の実施状況を適確に把握し、その結果、原則として防除対策によっても被害等が防止できないと認められるときは、有害鳥獣の捕獲が必要となることがあります。

有害鳥獣を捕獲するためには、市町村長や知事の許可を受けた者でなければ捕獲することができませんので、農政課林業係へご相談ください。

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力