【下水道】公共下水道事業計画

トップ記事【下水道】公共下水道事業計画

赤平市の公共下水道事業は、都市計画に基づく事業計画を策定し昭和56年に工事着手し平成2年3月に一部供用開始しました。以来、幾度かの事業計画の変更を行い現在に至っております。

令和3年3月末の整備状況

  • 事業認可面積548.4ヘクタール
  • 下水道普及率87.9% (【計算式】処理区域内人口÷行政人口×100)

事業実績

  • 平成30年度 「若木町の雨水管渠整備」,「平岸東町の汚水管渠整備」,「雨水管渠整備の測量調査・実施設計」
  • 令和元年度 「豊丘町・平岸仲町の雨水管渠整備」,「公営企業法適用化委託業務」
  • 令和2年度 「豊丘町・平岸仲町の雨水管渠整備」,「災害時応急復旧資機材の購入」,「全体計画変更資料作成業務」,「公営企業法適用化委託業務」

事業予定

  • 令和3年度 「平岸仲町の雨水管渠整備」,「事業計画変更資料作成業務」,「公営企業法適用化委託業務」
  • 令和4年度 「平岸仲町・茂尻新春日町の雨水管渠整備」
  • 令和5年度 「茂尻新春日町の雨水管渠整備」

状況により変更になる場合が有ります

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力