感染拡大防止に向けた道民の皆様へのお願い【9月1日更新】

トップ記事感染拡大防止に向けた道民の皆様へのお願い【9月1日更新】

感染拡大防止に向けた道民の皆様へのお願い(令和4年9月1日更新)

最近の感染者数は減少傾向に転じたものの、病床使用率は昨冬ピークの水準で推移しており、未だ減少は見通せない状況にあります。引き続き、「BA.5対策強化宣言」の下、現在の感染状況への対応をはじめとする保健・医療提供体制の充実・確保に取り組むとともに、医療のひっ迫を防ぎ、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図る取組を展開することとしています。

感染の拡大を防いでいくため、引き続き感染拡大防止に向けた取組へのご協力をお願いいたします。

詳細につきましては、新型コロナウイルス感染症について(北海道ホームページ) をご覧ください。

日常生活では

  • 三密回避、人との距離確保、手指消毒、マスク着用、換気を徹底しましょう。
  • 高齢者や基礎疾患のある方、そうした方々と会う方の双方が基本的な感染防止対策を徹底しましょう。
  • 混雑している場所や感染リスクの高い場所はできる限り避けて行動しましょう。特に重症化リスクの高い方、そうした方と会う方の双方が慎重に行動しましょう。
  • 他の都府県への移動に際しては、基本的な対策を徹底し、移動先での感染リスクの高い行動を控えましょう。
  • 感染した場合に備え、解熱剤や3日間程度の食料等を用意しましょう。
  • 必要な場合に限り、救急外来及び救急車を利用するようにしましょう。

飲食では

  • 短時間、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用しましょう。
  • 特に大人数や普段会わない方との飲食の際は、より一層徹底しましょう。
  • 北海道飲食店感染防止対策認証店等を利用し、飲食店等の感染防止対策に協力しましょう。

検査等では

  • 感染に不安を感じる時は、ワクチン接種の有無にかかわらず、検査を受けましょう。(無症状の方に限る)
  • 重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方に会う際には、事前に検査を受け、陰性を確認しましょう。
  • 発熱等の症状がある場合は、外出や移動を控え、医療機関を受診しましょう。
    (北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センターや北海道陽性者登録センター(症状が軽い方)の活用をご検討ください)

新型コロナウイルス感染症 北海道におけるレベル分類は「2」です

感染者の増加が見られ、医療の負荷が生じ始めている段階です。感染リスクが高まる場面や行動の回避をしてください。

「北海道におけるレベル分類」については下記をご確認ください。

北海道におけるレベル分類 (PDF 798KB)

空知総合振興局からのお知らせ(令和4年9月1日時点)

新規感染者数は減少傾向に転じたものの、病床使用率は依然、昨冬ピークの水準で推移してお り、未だ減少は見通せない状況にあることから、医療への負荷を低減させるため、感染レベルを できる限り引き下げていかなければなりません。 道では、引き続き「BA.5 対策強化宣言」の下、集中的な取組を継続することとしました。 管内の皆様におかれましては、基本的な感染防止行動の徹底やワクチン接種の検討などを通 じて、医療のひっ迫と感染の拡大の防止に御協力をお願いします。

感染拡大防止のお願い(空知管内共同メッセージ)

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力