軽自動車税(種別割・環境性能割)

トップ記事軽自動車税(種別割・環境性能割)

税制改正により、2019年10月から軽自動車税に「環境性能割」が創設され、現行の軽自動車税は「種別割」に名称が変更されます。
この改正に伴い軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」で構成されることとなります。それぞれの税率等は以下のとおりです。

※消費税10%への引き上げが2017年4月1日から2019年10月1日に2年半延期されたことに伴い、併せて制度施行が2年半延期されたものです。
現行法令に基づいており、今後も国の消費増税の動向により変更となる可能性があります。

種別割

現行の軽自動車税は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されますが、手続きや税率に変更はありません。

原動機付自転車・軽二輪・二輪の小型車・小型特殊自動車

2016年度から新税率が適用されています。

原動機付自転車

表 : 原動機付自転車の税率
排気量 2015年度までの税率 2016年からの税率
50cc以下 1,000円 2,000円
50ccを超えるものから90cc以下 1,200円 2,000円
90ccを超えるものから125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円

軽二輪車・二輪の小型車

表 : 軽二輪車・二輪の小型車の税率
種類と排気量 2015年度までの税率 2016年からの税率
軽二輪(125ccを超えるものから250cc以下) 2,400円 3,600円
二輪の小型車(250ccを超えるもの) 4,000円 6,000円

小型特殊自動車

表 : 小型特殊自動車の税率
種類 2015年度までの税率 2016年からの税率
雪上車 2,400円 3,000円
農耕作業用 1,600円 2,000円
その他 4,700円 5,900円

四輪以上及び三輪の軽自動車

平成28年度から、初度検査年月により異なる税率が適用されています。

  • 初度検査年月…新車購入時に最初にナンバーを取得するための検査で、自動車検査証の「初度検査年月」欄でご確認いただけます。
表 : 四輪以上及び三輪の軽自動車の税率
車種区分 初度検査が2015年3月31日までの車両の税率 初度検査が2015年4月1日以降の車両の税率 初度検査後13年を経過した車両の税率(経年重課)
三輪 (660cc以下) 3,100円 3,900円 4,600円
四輪以上の軽乗用車
  • 営業用
    5,500円
  • 自家用
    7,200円
  • 営業用
    6,900円
  • 自家用
    10,800円
  • 営業用
    8,200円
  • 自家用
    12,900円
四輪以上の軽貨物用車
  • 営業用
    3,000円
  • 自家用
    4,000円
  • 営業用
    3,800円
  • 自家用
    5,000円
  • 営業用
    4,500円
  • 自家用
    6,000円

初度検査が2015年3月31日までの車両

初度検査から13年を経過するまでは、現行税額のままです。

初度検査が2015年4月1日以降の車両

新税率が適用されています。

初度検査後13年を経過した車両

経年重課の税率が適用されています。ただし、燃料の種類が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車および被けん引車は対象から除きます。

【四輪以上及び三輪のグリーン化特例(軽課)】2016年度及び2017年度に適用

いわゆるグリーン化特例が1年間延長され、排ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、2015年4月1日から2016年3月31日までに初度検査を受けた車両は2016年度分の軽自動車税を、2016年4月1日から2017年3月31日までに初度検査を受けた車両は2017年度分の軽自動車税を、それぞれ軽減するグリーン化特例 (軽課) が適用されます。

  • 当該取得をした日の属する年度の翌年度分の軽自動車税に限り適用されます。
  • 燃費基準の達成状況は自動車検査証の備考欄に記載されています。
表 : 車種別の軽課税率
車種区分 標準税率(税額) (ア)標準税率の概ね75%軽減した軽課税率(税額) (イ)標準税率の概ね50%軽減した軽課税率(税額) (ウ)標準税率の概ね25%軽減した軽課税率(税額)
三輪(660cc以下) 3,900円 1,000円 2,000円 3,000円
四輪以上の乗用車
  • 営業用
    6.900円
  • 自家用
    10,800円
  • 営業用
    1,800円
  • 自家用
    2,700円
  • 営業用
    3.500円
  • 自家用
    5,400円
  • 営業用
    5,200円
  • 自家用
    8,100円
四輪以上の貨物用車
  • 営業用
    3,800円
  • 自家用
    5,000円
  • 営業用
    1,000円
  • 自家用
    1,300円
  • 営業用
    1,900円
  • 自家用
    2,500円
  • 営業用
    2,900円
  • 自家用
    3,800円
  • (ア)標準税率の概ね75%軽減
    • 電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車(2009年度排ガス規制10%以上低減)
  • (イ)標準税率の概ね50%軽減
    • 貨物用 : 2005年度排ガス規制75%低減かつ【計算式】2017年度燃料基準+35%達成車
    • 乗用 : 2005年度排ガス規制75%低減かつ【計算式】2020年度燃料基準+20%達成車
  • (ウ)標準税率の概ね25%軽減
    • 貨物用 : 2005年度排ガス規制75%低減かつ【計算式】2017年度燃料基準+15%達成車
    • 乗用 : 2005年度排ガス規制75%低減かつ2020年度燃料基準達成車

環境性能割

2020年10月1日の消費税率10%段階への引き上げ時に、自動車取得税(道税)を廃止し、自動車税(道税)及び軽自動車税(市税)に環境性能割が創設され、2020年10月1日以後の自動車及び軽自動車の取得に対して適用されます。
新車・中古車を問わず取得された車両(取得価格が50万円を超えるもの)に課税されます。
当分の間、都道府県により徴収されます。これまでの自動車取得税と同様に、軽自動車の取得時に申告及び納付をおこなってください。

乗用車の税率

※次の表には記号が含まれています。

表 : 乗用車の税率
区分 自家用 営業用
電気自動車 非課税 非課税
燃料電池車 非課税 非課税
プラグインハイブリッド車 非課税 非課税
天然ガス車
(ポスト新長期規制からNox (窒素酸化物) 10%低減) ※注記
非課税 非課税
クリーンディーゼル乗用車
(ポスト新長期規制適合)
非課税 非課税
ガソリンハイブリッド車・ガソリン車
★★★★
(排ガス要件 : 2005年排出ガス基準75%低減達成車)
※燃費要件により税率が異なります。
  • 2017年度燃費基準+10%達成 (2010年度燃費基準+65%達成)…非課税
  • 2017年度燃費基準達成 (2010年度燃費基準+50%達成)…1.0%
  • 2017年度燃費基準+10%達成 (2010年度燃費基準+38%達成)…2.0%
  • 2017年度燃費基準+10%達成 (2010年度燃費基準+65%達成)…非課税
  • 2017年度燃費基準達成 (2010年度燃費基準+50%達成)…0.5%
  • 2017年度燃費基準+10%達成 (2010年度燃費基準+38%達成)…1.0%
上記以外の車 2.0% 2.0%

2019年10月1日から2020年9月30日までの間に取得した自家用乗用車は表の税率から1%軽減されます。

※新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置として、軽減措置が2021年3月31日まで延長することとなりました。

貨物車の税率

次の表には記号が含まれています。

表 : 貨物車の税率
区分 自家用 営業用
電気自動車 非課税 非課税
燃料電池車 非課税 非課税
プラグインハイブリッド車 非課税 非課税
天然ガス車
(ポスト新長期規制からNox (窒素酸化物) 10%低減) ※注記
非課税 非課税
ガソリンハイブリッド車・ガソリン車
★★★★
(排ガス要件 : 2005年排出ガス基準75%低減達成車)
※燃費要件により税率が異なります。
  • 2017年度燃費基準+20%達成 (2010年度燃費基準+50%達成)…非課税
  • 2017年度燃費基準達成 (2010年度燃費基準+44%達成)…1.0%
  • 2017年度燃費基準+10%達成 (2010年度燃費基準+38%達成)…2.0%
  • 2017年度燃費基準+20%達成 (2010年度燃費基準+50%達成)…非課税
  • 2017年度燃費基準達成 (2010年度燃費基準+44%達成)…0.5%
  • 2017年度燃費基準+10%達成 (2010年度燃費基準+38%達成)…1.0%
上記以外の車 2.0% 2.0%

注記

ポスト新長期規制とは、ディーゼル車において、2009年以降に適用される排出ガス規制のことを言います。

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力