○赤平市ふれあいホール設置条例

昭和61年11月25日

条例第29号

(設置)

第1条 市民の心身の健康と福祉の増進を図り,各世代間相互の教養,文化,研修及びふれあいの機会の助長に寄与するため,赤平市ふれあいホール(以下「ふれあいホール」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 ふれあいホールの名称及び位置は,次のとおりとする。

(1) 名称 赤平市ふれあいホール

(2) 位置 赤平市東大町3丁目4番地

(職員)

第3条 ふれあいホールに必要な職員を置くことができる。

(管理)

第4条 ふれあいホールの管理は,赤平市(以下「市」という。)が行う。

2 管理の全部又は一部を委託することができる。

(使用承認)

第5条 ふれあいホールを使用しようとする者(以下「使用者」という。)は,市長の承認を受けなければならない。

2 市長は,前項の承認をする場合において,ふれあいホールの管理上必要があると認めたときは,その使用について条件を付すことができる。

(使用の制限)

第6条 市長は,次の各号の一に該当するときは,ふれあいホールの使用を承認しない。

(1) 公の秩序を乱し,又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 建物,付属設備及び備付物件等を破損し,又は滅失するおそれがあるとき。

(3) その他ふれあいホールの管理上支障があると認めたとき。

(使用承認の取消し等)

第7条 市長は,次の各号の一に該当するときは,使用承認の条件を変更し,又は使用を停止し,若しくは使用の承認を取り消すことができる。この場合において,使用者に損害が生じることがあっても市は,その賠償の責を負わない。

(1) 使用者が,使用承認の条件に違反したとき。

(2) 使用者が,この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。

(3) 使用申請書の記載事項に偽りがあったとき。

(4) その他公益上又はふれあいホールの管理上やむを得ない理由が生じたとき。

(使用料)

第8条 ふれあいホールの使用者は,別表に定める使用料を納入しなければならない。

2 使用料は,前納しなければならない。ただし,市長が特別の理由があると認めたときは,この限りでない。

3 使用者は,付属設備及び備付物件等を使用するときは,第1項に定める使用料のほか,規則で定める使用料を納入しなければならない。

(使用料の減免)

第9条 市長は,公益上特別の理由があると認めたときは,使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第10条 既納の使用料は,還付しない。ただし,次の各号の一に該当するときは,その全額又は一部を還付することができる。

(1) 災害その他使用者の責に帰することのできない理由により,使用ができなくなったとき。

(2) 第7条第4号の規定により使用の承認を取り消したとき。

(3) その他市長が特別な理由があると認めたとき。

(目的外使用等の禁止)

第11条 使用者は,ふれあいホールの使用承認を受けた目的以外に使用し,又は使用承認によって生じた権利の全部若しくは一部を転貸し,若しくは他に譲渡してはならない。

(特別設備等の制限)

第12条 使用者は,ふれあいホールの使用にあたって特別の設備を設け,又は特殊物件等を搬入しようとするときは,市長の承認を受けなければならない。

(原状回復)

第13条 使用者は,ふれあいホールの使用を終了したとき,又は第7条の規定により使用を停止され,若しくは使用承認を取り消されたときは,直ちに使用場所を原状に回復して返還しなければならない。

(損害賠償)

第14条 使用者は,建物又は付属設備若しくは備付物件等を破損し,又は滅失したときは,市長が定める損害額を賠償しなければならない。ただし,市長がやむを得ない理由があると認めたときは,この限りでない。

(規則への委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は,市長が規則で定める。

附 則

この条例は,昭和61年12月1日から施行する。

附 則(平成5年条例第19号)

この条例は,平成5年12月1日から施行する。

附 則(平成9年条例第23号)

この条例は,平成9年11月1日から施行する。

附 則(平成18年条例第27号)

この条例は,公布の日から施行し,平成18年6月1日から適用する。

附 則(平成19年条例第22号)

この条例は,平成19年10月1日から施行する。

附 則(令和元年条例第16号)

(施行期日)

1 この条例は,令和元年10月1日から施行する。

別表(第8条関係)

各室使用料

区分

使用料(1時間単価)

かたらいの間

作品の間

380

味覚の間

270

くつろぎの間

380

遊びの間

280

創作の間

200

いこいの間

550

趣味の間

450

備考

1 使用時間が1時間未満の場合は1時間とする。

2 使用のための準備及び原状回復に要する時間は,使用時間に含むものとする。

3 味覚の間を使用する者で,備付器具及び水道,ガス,電源等を使用するときは,使用料の5割増とする。

4 11月1日から4月30日までの間,使用料の4割に相当する額を暖房料として徴収する。

赤平市ふれあいホール設置条例

昭和61年11月25日 条例第29号

(令和元年10月1日施行)