住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のご案内

トップ記事住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のご案内

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

 新型コロナウイルス感染症が長期化し、その影響で様々な困難に直面した方が、速やかに生活の支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円の給付を行います。

 赤平市では以下のとおり給付を実施します。詳細が決定していない部分については、決定次第このページにてお知らせします。(最終更新:令和4年9月29日)

参考チラシ:住民非課税世帯等臨時特別給付金のお知らせ (PDF 540KB)

※確認書の提出期限は10月13日、申請書の提出期限は10月31日となっております。書類の提出がない場合、給付金を支給することができませんので、各期限までに提出をお願いいたします。

支給対象世帯

(1)住民税非課税世帯

令和4年6月1日時点で赤平市に住民登録があり、世帯全員の令和4年度分の住民税均等割が非課税の世帯

(2)家計急変世帯

  • 上記(1)に該当しない世帯
  • 新型コロナウイルス感染症の影響で令和4年1月以降の収入が減少し、世帯全員が住民税均等割非課税相当となった世帯

※上記(1)(2)共に、既に令和3年度にて給付金の支給を受けた世帯、世帯全員が住民税課税者の扶養親族等になる世帯は対象外

給付額

1世帯あたり10万円

※住民税非課税世帯、家計急変世帯問わず、受給は1世帯につき1回限り

手続方法

(1)住民税非課税世帯

 対象世帯に対し、7月13日付で確認書を発送いたしました。必要事項を記載のうえ、同封の返信用封筒にて返送してください。

※提出期限は10月13日です。期限を過ぎてからの提出は、給付金の支給ができませんので御注意ください。

≪添付書類の提出が必要ない世帯≫

赤平市で把握している口座情報を、確認書に記載しております。記載されている口座へ給付金の支給を希望する場合、添付書類は不要です。

≪添付書類の提出が必要な世帯≫

以下に該当する方は、添付書類の提出が必要となります。

  • 確認書に記載している口座以外への支給を希望する方 ⇒口座確認書類の写し、本人確認書類の写し
  • 確認書に口座情報の記載がない方 ⇒口座確認書類の写し、本人確認書類の写し
  • 代理人が確認(受給)する場合 ⇒代理人の確認書類の写し、口座確認書類の写し(代理人が受給する場合)

市・道民税と所得税が未申告の方がいる世帯

 対象となる可能性がある世帯に、7月25日付で申請書を発送いたしました。必要事項を記載のうえ、同封の返信用封筒にて返送してください。

※提出期限は10月31日です。期限を過ぎてからの提出は、給付金の支給ができませんので御注意ください。

【提出書類】

  • 申請書
  • 申請者(世帯主)の本人確認書類の写し
  • 口座確認書類の写し
  • 令和4年1月1日時点でお住まいの市区町村が発行する「令和4年度住民税非課税証明書の写し」(現住所と令和4年1月1日時点の住所が異なる方の分のみ)

(2)家計急変世帯

 申請書等、書類の提出が必要です。提出期限の令和4年9月30日までに、以下の書類をご提出ください。

【提出書類】

配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している方

 DV等を理由に市内に避難している方で、市外に住民票がある方については、住民票上の世帯主が既に給付金を受け取っている場合でも、一定の要件を満たせば、赤平市から給付金を受給する事が出来ます。

≪申請要件≫

  1. 避難世帯が住民税非課税世帯、または家計急変世帯
  2. 配偶者や親族等からの暴力等を理由に避難している世帯

上記の2点を満たす世帯は、提出期限の令和4年9月30日までに、以下の書類をご提出ください。

【提出書類】

※「DV避難中であることを明らかにできる書類」の例

  • 配偶者に対する保護命令決定書
  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書
  • 住民基本台帳閲覧制限等の支援措置の決定通知書
  • DV等被害申出受理確認書 (PDF 381KB)

本給付金の制度について

事業の概要につきましては、内閣府のホームページをご確認ください。

内閣府ホームページ
住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について : 経済財政政策 - 内閣府

電話番号:0120-526-145

受付時間:午前9時から午後8時まで(土日祝を含む)

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力