マスクの着用について

トップ記事マスクの着用について

マスク着用の考え方について

今後、気温や湿度が高くなる季節を迎え、熱中症のリスクが高くなる懸念などもあることから、屋外でのマスク着用の考え方などについて、国・北海道から取扱いが示されました。

厚生労働省作成リーフレットマスクの着用について (PDF 386KB)

北海道作成リーフレット マスクの着用について(R4.5.26) (PDF 937KB)

会話をほとんどしない場合

  • 人との距離がある(2メートル以上を目安)
    • 屋外:必要ない(ランニングなど離れて行う運動、鬼ごっこなど密にならない遊び)
    • 屋内:必要ない
  • 人との距離がない
    • 屋外:必要ない(徒歩通勤など人とすれ違う場合)
    • 屋内:着用を推奨(通勤電車の中など)

会話をする場合

  • 人との距離がある(2メートル以上を目安)
    • 屋外:必要ない
    • 屋内:着用を推奨
  • 人との距離がない
    • 屋外:着用を推奨
    • 屋内:着用を推奨

※お年寄りと会うときや病院に行くときなどハイリスク者と接する場合にはマスクを着用しましょう。

小学校就学前の児童について

厚生労働省作成リーフレット子どものマスク着用について (PDF 165KB)

  • 2歳未満(乳幼児)は、引き続きマスク着用は奨めない。
  • 2歳以上児についても、保育所等では、個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めない。なお、施設内に感染者が生じている場合などにおいて、可能な範囲で、マスクの着用を求めることは考えられる。

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力