新型コロナワクチン接種証明書の発行について

トップ記事新型コロナワクチン接種証明書の発行について

海外渡航のため、予防接種を受けた本人に対して接種事実を公的に証明する必要がある方へ、「ワクチン接種証明書」を発行します。

申請受付期間

令和3年7月26日(月曜日)より申請受付を開始しています。

対象となる人

市では、次の要件に全て当てはまる人を対象に発行します。

  • 赤平市が発行した接種券を利用して、新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種を受けた人
  • 日本から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることで、入国時検査や隔離の免除など相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、この証明書を必要としている人

対象とならない人

次のような人は対象になりません。

  • 赤平市の接種券を利用していない人
  • 海外渡航時の利用が目的ではない人→接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。
  • 国外等で接種を受けた人(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた人)

申請方法

申請に必要なものをそろえて、郵送または下記窓口で申請してください。

申請先

〒079-1192

赤平市泉町4丁目1番地

赤平市役所介護健康推進課新型コロナウイルスワクチン接種対策室(健康づくり推進係)
 

1回目の接種後に他の市町村へ転居した場合は

1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。
例えば、1回目を赤平市で受け、2回目を他の市町村で受けた場合は、1回目の分は赤平市に、2回目の分は接種を受けた市町村に申請してください。

申請に必要なもの

  1.  申請書 (XLSX 18.5KB)
  2. 海外渡航時に有効なパスポートの写し
  3. 接種済証(接種券)か接種記録書の写し(下記に見本あり)
  4. ※郵送提出の方のみ:返信用封筒…返送先の住所・宛名を記載し、必要料金分の切手を貼ってください
接種券サンプル図

接種済証

接種券の○で囲まれた部分が接種済証となります。

見本画像:様式4-6-1医療従事者向け接種記録書

接種記録書

医療従事者等が先行接種の際に発行された、接種済証の代わりになるものです。

 

旅券に旧姓・別姓・別名の記載があるときは

上記のほかに、『旅券と同じ旧姓・別姓・別名の記載がある本人確認書類の写し』が必要です

代理人による請求のときは

上記のほかに、

  • 委任状 (PDF 29.8KB)
  • 代理人自身の本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)の写し

が必要です

手数料

無料

交付について

原則、後日郵送での交付となります。

ワクチン接種記録システムに照会して接種情報を確認するため、接種場所や時期によっては接種情報がシステムに反映されていない場合があります。「接種済証」や「接種記録書」により接種情報が確認できない場合、交付に時間がかかりますのでご了承ください。

記載内容

接種証明書には、接種者に関する事項(氏名、生年月日等)及び新型コロナウイルス感染症のワクチン接種記録(ワクチンの種類、接種年月日等)に加え、海外渡航時に利用できるよう、旅券番号等を記載することとしており、これらの情報を日本語と英語で表記します。また、偽造防止対策を行っています。

お問い合わせ

制度に関するお問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターへお問い合わせください。

  • 電話:フリーダイヤル0120-761-770
  • 受付時間:毎日午前9時~午後9時(土曜日・日曜日・祝日も受付)

海外渡航用の新型コロナウイルスワクチン接種証明書について(厚生労働省ホームページへ)

発行手続きに関するお問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種対策室(健康づくり推進係)へお問い合わせください。

  • 電話:0125-32-5665
  • 受付時間:月曜日~金曜日の午前8時半~午後5時(祝日を除く)

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力