ナイト店舗リース機器等補助金

トップ記事ナイト店舗リース機器等補助金

飲食店等にリース機器等の費用を支援します!

新型コロナウイルス感染症の影響により、事業収入に一定程度の影響を受けている飲食店事業者に対し、リース機器等の費用を一部支援し、コロナ禍での事業活動を継続していただくことを目的としています。

支援金額

リース機器等の料金月額60,000円を上限に支援します。令和3年4月から令和3年6月までの3カ月間が支援対象期間になります。

対象要件

  1. 令和2年12月31日以前に赤平市内で開業しており、申請日現在、営業の実態がある事業者。ただし、新型コロナウイルス感染症の感染対策として休業している場合を除く。
  2. 赤平市内の店舗において、毎月固定されたリース機器等の料金の支払いがあり、日本標準産業分類で定める「76飲食サービス業」を主として、夜間営業(午後8時以降に営業を行っている)を行っている事業者であること。
  3. 対象期間(令和3年4月から令和3年6月まで)のひと月の事業収入が、前々年(2019年)の同月と比較してそれぞれ20%以上減少していること。

ナイト店舗とは?

この制度では、赤平市内において日本標準産業分類に定める大分類M「宿泊業、飲食サービス」を主として営み、午後8時以降に営業する店舗を指します。

リース機器等とは?

ナイト店舗において、事業活動を行うにあたって必要となるものであって、貸主との契約に基づく借用機器のことで、次のものを指します。

  1. カラオケ機(付随するモニターを含む)
  2. 玄関マット
  3. ハンドドライヤー
  4. その他、特に市長が必要と認めるもの

申請手続

申請受付期間

令和3年7月1日(木曜日)から令和3年9月30日(木曜日)まで

申請に必要な書類

  1. 申請書兼請求書 (DOCX 25.5KB)申請書兼請求書(PDF 95.2KB)
  2. 誓約書兼同意書 (DOCX 16KB)誓約書兼同意書 (PDF 118KB)
  3. 交付申請に係る資料 (XLSX 11.9KB)交付申請に係る資料(PDF 46.7KB)
  4. リース機器等の賃貸借契約書の写し又はリースしていることがわかる書類
  5. 対象期間において、リース機器等の料金を支払った証明(領収書、引き落とされたことがわかるものなど)
  6. 対象期間のひと月の事業収入が前々年(2019年)の同月と比較して、それぞれ20%以上減少していることがわかる書類。
  7. 振込先金融機関の通帳の写し

注意事項

※リース機器が複数ある場合は、それぞれの契約書等、支払った証明が必要となります。
※新型コロナウイルス感染症の影響により、リース機器の支払いが猶予されている場合については、支払いが済んでいることが条件で該当とします。また、実際に支払った金額が、契約書などに記載されている金額と比較して減額されている場合は、減額とした証明(変更契約書等)の提出、及び実際に支払った金額が補助金の対象額となります。

申請場所

赤平市役所2階商工労政観光課(赤平市泉町4丁目1番地)

電話番号0125-32-1841

交付方法

申請後、審査、交付決定をおこない、対象者の口座に振り込みします。

 

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力