新型コロナウイルス感染症について

トップ記事新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

  • ウイルス性の風邪の一種です。発熱のどの痛み咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
  • 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクは高いと考えられます。
  • 重症化することで肺炎となり、死亡例も確認されているため注意しましょう。特にご高齢の方糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患のある方が重症化しやすい可能性が考えられます。
  • 新型コロナウイルスは飛沫感染接触感染でうつるといわれています。また、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の環境下であれば咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させる恐れがあります。

詳しい情報につきましては、新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

日常生活で気をつけてほしいこと

市民の皆様におかれましては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、お一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要ですので、感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

  • 咳・くしゃみ・鼻水など症状があるときは、咳エチケットに心がけていただき、不要不急の外出は控えてください。
  • 手洗いはこまめに行ってください。特に鼻をかむ、咳やくしゃみを手で押さえるなどした後は、よく手を洗ってください。手指消毒も有効です。
  • 人混みなど他者と十分な距離が取れないような場所への外出を避けていただきますようお願いいたします。
  • 発熱などの症状がある方、または新型コロナウイルス感染症についての相談に関しては、受診・相談の目安(市ホームページ)をご確認ください。

新型コロナウイルス感染予防のために(厚生労働省ホームページ)へ

感染を防ぐには(北海道ホームページ)へ

感染リスクが高まる5つの場面に注意してください

  • 飲酒を伴う懇親会等
  • 大人数や長時間におよぶ飲食
  • マスクなしでの会話
  • 狭い空間での共同生活
  • 居場所の切り替わり(仕事場から休憩室、喫煙室等)

分科会から政府提言感染リスクが高まる5つの場面と感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

手洗いのポイント

手洗いはこまめに「石鹸で10秒もみ洗い後、流水で15秒すすぎ」を2セット行うと、手についたウイルスは100万分の1以下に減らすことができます。

  • 石鹸をよく泡立てましょう
  • 指は1本ずつ、指先も丁寧に、手首までしっかり洗いましょう
  • 流水でしっかり流しましょう
  • 清潔な個人用タオル等で拭きましょう

手洗いの5つのタイミング

  • 公共の場所から帰ったとき
  • 咳やくしゃみ、鼻をかんだとき
  • ご飯を食べるとき(前後)
  • 病気の人のケアをしたとき
  • 外にあるもの(お金)に触ったとき

家庭にある塩素系漂白剤で次亜塩素消毒液の作り方(人体には絶対に使用しないでください)

用途:台所、ドアノブ、蛇口、手すりなど日常的に手を触れる場所の清掃

作り方:500mlのペットボトルに塩素系漂白剤をペットボトルのキャップ1杯弱(5~6ml)を入れ、水で全量を500mlにする。

手洗いや消毒薬について詳しくは、令和2年5月号広報チラシをご参照ください。

広報5月号チラシ 

新型コロナウイルス感染症に伴う、差別や偏見、誹謗中傷をなくしましょう

新型コロナウイルス感染症への対応の長期化に伴い、不安や偏見から、感染者やその家族等への誹謗中傷やいじめ、差別的な対応といった人権侵害が起きています。

感染症の治療にあたった医療関係者が職場や地域で「ばい菌」扱いされる、子どもが保育園への登園自粛を求められる、家族が勤め先から出勤を見合わせるよう指示を受ける、自分の地域以外のナンバーの車に乗っているだけで誹謗(ひぼう)・中傷・嫌がらせを受けたなどの事案が全国的に報道されています。

わたしたちは、目に見えないウイルスや経験したことのない感染症に不安やおそれを感じ、遠ざけたいという心理から、感染症に関わる人を不必要に避けようとするなど、差別的な行動をとってしまうことがあります。さらに、こうした行動は、自分自身の感染が疑われる場合であっても、差別をおそれ受診をためらうことにつながり、結果的に感染が拡大するという負の連鎖も引き起こしかねません。

新型コロナウイルスに感染した方、治療に当たっている医療関係者や社会機能の維持にあたる方とその家族、外国人などに対して、不当な差別、偏見、いじめ、SNSなどでの誹謗中傷があってはなりません。

偏見や差別的な言動に同調せず、確かな情報に基づいて冷静に行動してください。一人ひとりの行動で負の連鎖を断ち切りましょう。

北海道人権配慮のホームページ(相談先あり)

新北海道スタイルの実践

新北海道スタイル公式サイトへ

市民の皆様に取り組んでいただきたいこと

画像:今は距離をとって

今は距離をとって

画像:咳エチケットしよう

咳エチケットをしましょう

 

画像:手を洗いましょう

手を洗いましょう

画像:症状があるときは無理せず自宅療養
症状があるときは無理をしない
画像:毎朝体調チェックしよう
毎朝体調をチェックしましょう
画像:3つの密をさけよう
3つの密をさけましょう
画像:買い物は少人数で
買い物は少人数でしましょう
画像:オンラインを上手に使おう
オンラインを上手に使いましょう
画像:テイクアウトデリバリーの活用

テイクアウト・デリバリーも

活用しましょう

画像:お買い物も距離をとって
買い物も距離をとりましょう
画像:公園も距離をとって
公園でも距離をとりましょう
画像:新北海道スタイルロゴ
新北海道スタイルロゴ

事業所の皆様に取り組んでいただきたいこと

画像:マスク手洗いの徹底します
マスクの着用・手洗いを徹底します
画像:一定の距離をとります
一定の距離をとってます
画像:健康管理の徹底
健康管理を徹底します
画像:こまめに換気します
こまめに換気をします
画像:新北海道スタイルロゴ
新北海道スタイルロゴ
画像:消毒洗浄します
消毒・洗浄をします
画像:お客様へのお願い
咳エチケット・手洗いをお願いします
画像:新北海道スタイル
新北海道スタイルロゴ
画像:取組をお知らせします
取組を掲示してお知らせします

 

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力