【水道】気温の低い日が続いていますので、水道管の凍結にご注意ください!

トップ記事【水道】気温の低い日が続いていますので、水道管の凍結にご注意ください!

12月から2月にかけて、水道管の凍結が多くなります。
水道管が凍結すると水が出なくなるだけでなく、水道管の破損やそれに伴う漏水、その漏水分の水道料金および下水道使用料、修理費用が発生し、多大な自己負担が発生することとなりますので、寒気の厳しい時や長期にわたり水道を使用しないときは、特にご注意ください。

こんな時は特に注意が必要です!

  • 外気温がマイナス4度以下になるとき。
  • 家を留守にして長期間、水道を使用しないとき。
  • 真冬日 (最高気温が氷点下の日) が続くとき。

水道の凍結防止対策!

  • 外出するときや、日中でも寒さが厳しいときは、水抜き栓による「水落とし (水抜き)」をする。
  • 水洗トイレはタンク内の水や配水管が凍ることがあります。長期間、家を空けるときなどは気をつけましょう。
  • 床下の換気口を閉める。
  • 保温材による露出水道管を防護する。
  • 蛇口から少量の水を流しておく。(この場合、使用量が増えますので、慎重にご検討ください。)

凍結してしまった場合

もし、凍結してしまった場合は「指定業者」へ修理を依頼してください。

赤平市指定給水装置工事事業者一覧(R5.9.30現在) (PDF 81.9KB)

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力