10月はピンクリボン月間です

トップ記事10月はピンクリボン月間です

10月は、乳がんについての正しい知識を広め、検診やセルフチェック(自己触診)など、「乳がんの早期発見・早期治療」の大切さを伝える「ピンクリボン月間」です。

※ピンクリボンとは

乳がんの正しい知識を広め、早期発見の重要性を呼びかける世界共通のシンボルマーク。

乳がんとは

乳腺の組織(母乳をつくるところ)や乳管(母乳を運ぶ管)にできるがんを「乳がん」といいます。

乳がんは、乳房の周りのリンパ節や、遠くの臓器(骨、肺など)に転移することがあります。

女性のがんの中では最も多いがんで、女性の11人に1人が乳がんにかかるといわれており、特に40歳代後半~60歳代前半でかかる方が多い病気です。

乳がんの症状

  • 乳房のしこり

  • 乳房にできる、えくぼやただれ

  • 左右の乳房のかたちが非対称

  • 乳頭から血液などが混じった分泌物がでる

など

乳がんになる可能性の高い人

乳がんの発生には、女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっていることが知られているほか、次のような方も乳がんの発生に関連があることが分かっています。

  • 初経年齢が低い
  • 閉経年齢が高い
  • 出産経験がない
  • 初産年齢が高い
  • 授乳経験がない
  • 近い血縁者(親子、姉妹、祖父母、おば)に乳がんにかかった人が複数いる

その他、飲酒、閉経後の肥満、運動不足と言った生活習慣も乳がんを発生するリスクを高めると考えられています

(参考元:国立がん研究センターがん情報サービス)

乳がん検診を受けましょう

女性にとって乳がんはとても身近な病気ですが、その治療法は日々進化しており、早期に発見すれば90%以上の方が治るといわれています。

どのような検査をしますか?

問診

初潮や妊娠・出産、乳房の自覚症状などを確認します。

マンモグラフィ

乳房専用のレントゲン検査で、病変の位置や広がりを調べます。2枚の板の間に乳房を挟んで圧迫し、薄く伸ばして撮影します。

検診を受けられるのは?

赤平市民で、40歳以上の女性が対象です(2年に1回の受診間隔となります)。

費用はどのくらい?

自己負担500円(市から最大6,520円の助成が受けられます)

どこで受けられる?

ご都合にあわせて、次の3つからお選びください。

集団検診で受ける

日時:10月18日(日曜日)

場所:赤平市コミュニティセンター

申し込み先:健康づくり推進係(電話番号:32-5665)

※終了しました。

バスツアー検診で受ける

日時:11月21日(土曜日)

場所:札幌がん検診センター(赤平市役所発着の送迎バスが出ます)

申し込み先:

※定員に達したため受付を終了しました。

個別検診で受ける

場所:そらちクリニック(滝川市)

申し込み先:健康づくり推進係(電話番号:32-5665)

※検診日時につきましては、そらちクリニックへ電話連絡の上、ご相談ください。

自分のため、大切な人のためにも、40歳を過ぎたら2年に1回は検診を受けましょう。

セルフチェック(自己触診)をしましょう

30歳を過ぎると、乳がんにかかる方が増えてきます。乳がんは自分でみつけることのできるがんの1つです。

自己触診と乳がん検診を組み合わせることで、乳がんの早期発見の可能性が高くなります。日頃から入浴や着替えのときなどに、セルフチェックを心がけましょう。

J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動ホームページ

 

 

 

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力