第49回衆議院議員総選挙及び第25回最高裁判所裁判官国民審査について

トップ記事第49回衆議院議員総選挙及び第25回最高裁判所裁判官国民審査について

国政をあずける人を選ぶ大切な選挙です。

あなたの貴重な一票を無駄にすることなく、投票しましょう。

選挙のめいすいくんと家族のイラスト

第49回衆議院議員総選挙 第25回最高裁判所裁判官国民審査

公示日 令和3年10月19日(火曜日)

投票日 令和3年10月31日(日曜日)

投票時間 午前7時から 午後6時まで

  (すべての投票所で、投票当日の投票時間が午後6時までとなっておりますので、ご注意ください)

投票できる人

選挙人名簿に登録されている人が投票できます。

  • 年齢要件…平成15年11月1日以前に生まれた人
  • 住所要件…令和3年7月18日以前に赤平市に住民登録をし、引き続き3カ月以上赤平市に住んでいる人

投票所

第49回衆議院議員総選挙及び第25回最高裁判所裁判官国民審査

投票所は、市内11カ所に設けます。詳しくは次のページをご覧ください。

投票所一覧へのリンク(ここをクリック) 

投票所及び期日前投票所における新型コロナウイルス感染症対策について

  • 投票所入口にアルコール消毒液を設置します。
  • 投票管理者、立会人、投票所従事職員はマスクを着用します。
  • 定期的に投票所の換気、記載台などの設備を消毒液で消毒します。
  • 鉛筆やシャープペンシルなど(ボールペン、赤ペン以外のもの)を持参し、記入することができます。
  • 投票に来られた方は、身体的距離の確保とマスクの着用、せきエチケット、投票所入口での消毒、帰宅後の手洗い・うがいにご協力願います。

投票所が混雑する時間帯を避けて、投票所にお越しいただきますようお願いします

過去の選挙の傾向を見ますと

過去の選挙における投票日当日の時間ごとの混雑状況を表したグラフ

過去の選挙における期日前投票の時間ごとの混雑状況を表したグラフ

選挙当日の投票所は、午前よりも午後の時間帯が比較的空いています。
期日前投票所は、夕方以降の時間帯が比較的空いています。

なお、気象状況などによって混雑する時間が変動することもありますので、あらかじめご了承ください。

投票入場券

  • 投票入場券は、投票の際に本人であることを確認するもので、選挙が公示される10月19日頃に郵送されます。
  • 投票入場券に記載されている氏名や投票所などを確認の上、投票所にお持ちください。
  • 万一、紛失したときでも投票できますので、投票日当日に該当する投票所で、受付係にその旨を申し出てください。
  • 入場券が郵送されなかったときは、選挙管理委員会へお問合わせください。

投票の順序と方法

  1. 小選挙区選出議員選挙(あさぎ色(水色)の用紙に黒刷り)では、候補者の氏名を記入します。
  2. 比例代表選出議員選挙(桃色の用紙に黒刷り)では、政党その他の政治団体の名称もしくは略称を記入します。
  3. 最高裁判所裁判官国民審査(うぐいす色(緑色)の用紙に黒刷り)では、やめさせたいと思う裁判官の氏名の欄に×(バツ)印を記入します。

期日前投票・不在者投票

  • 投票日当日に仕事があるかたや、自分の投票区域外で、レジャーや買い物、冠婚葬祭などの予定があるかたは、期日前・不在者投票ができます。
  • 期日前投票のときは、投票所入場券の裏面の宣誓書にあらかじめ必要事項を記入してご持参いただくと、受付が早く済みます。

投票できる期間

10月20日(水曜日)から10月30日(土曜日)まで

上記の期間の毎日(土曜日、日曜日も含む) 午前8時30分から午後8時まで

投票できる場所

赤平市コミュニティセンター

出稼ぎ、旅行、その他の理由で赤平を離れるかたは、赤平市選挙管理委員会または滞在地の選挙管理委員会から不在者投票請求書をもらい、赤平市選挙管理委員会へ投票用紙を請求してください。

他の市区町村で投票する方法

  • 投票できる期間は、10月20日(水曜日)から10月30日(土曜日)までの毎日(土曜日、日曜日も可能)、午前8時30分から午後8時までとなります。
  • 投票できる場所は、赤平市選挙管理委員会(赤平市コミュニティセンター)、滞在地などの選挙管理委員会、指定を受けた病院や福祉施設などに入院(入所)のかたはその施設

滞在先の選挙管理委員会にて不在者投票を希望されるかた

滞在先の選挙管理委員会にて不在者投票を希望されるかたは、「不在者投票宣誓書兼請求書」を印刷し、太枠の中を記入して赤平市選挙管理委員会へ請求してください。

手続き上、日数がかかりますので、早めに手続きをしてください。

不在者投票宣誓書兼請求書(記載例付き) のエクセルファイル (XLS 64KB)

指定施設などで投票する方法

指定された病院、老人ホームなどに入院・入所しているかたは、その施設で不在者投票をすることができます。
不在者投票をする場合は以下の書類の提出をしてください。

病院や施設等における不在者投票についてへのリンク(ここをクリック)

郵便等による不在者投票(在宅投票)

身体に重度の障害があるかたで、一定の条件に該当するかたは、郵便による投票ができます。詳しくは次のページをご覧ください。

郵便等による不在者投票についてへのリンク(ここをクリック)

新たにこの制度を利用したいかたは、郵便等投票証明書の交付申請が必要です。

すでに郵便等投票証明書をお持ちのかたは、10月27日(水曜日)までに自分が署名した郵便等投票請求書を同封し、投票用紙を請求してください。

特例郵便等投票

新型コロナウイルス感染症によって自宅療養または宿泊療養をされているかたも、郵便による「特例郵便等投票」で選挙の投票をおこなうことができるようになりました。

詳しくは次のページをご覧ください。

特例郵便等投票についてへのリンク(ここをクリック)

代理投票

投票所での投票で、体が不自由なため文字を書くことができないかたには、本人に代わってあらかじめ選任された係員2名が対応します。

ご家族のかたなどが代わりに投票用紙に記載することはできません。

投票受付の際にお気軽にお申し出ください。

開票

10月31日(日曜日) 午後8時から、赤平市総合体育館でおこないます。

開票速報は、赤平市総合体育館ロビーに掲示いたします。

ポスター掲示場・選挙公報

  • 市内66カ所に公営ポスター掲示場を設置します。
  • 選挙公報は投票日2日前の10月29日(金曜日)までに各家庭にお届けします。万一、選挙公報が届かない場合はお知らせください。

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力