【助成事業】特定不妊治療費助成事業

トップ記事【助成事業】特定不妊治療費助成事業

赤平市特定不妊治療費助成事業

不妊治療のうち「体外受精」及び「顕微授精」を受けている夫婦に対し、その治療に要する費用の一部を助成します。

助成の対象者

北海道が実施している特定不妊治療費助成事業による助成の決定をうけて、かつ次の要件を満たすかたです。

  1. 助成の対象者又はその配偶者のいずれか一方又は両方が1年以上前から引き続き赤平市内に居住し、住民基本台帳に記載されていること。
  2. 申請する治療について、赤平市以外の市町村から助成を受けていないこと又は受ける予定がないこと。

不妊・不育でお悩みの方へ|妊娠・出産に関する悩み (北海道保健福祉部子ども未来推進局のホームページへのリンク)

助成の金額・助成の回数等

助成の金額

特定不妊治療に要した費用から、北海道特定不妊治療費助成事業による助成金を控除した額で、1回の治療につき150,000円(別添図のC及びFの治療については75,000円)までを上限とします。
ただし通算助成回数のうち初回の治療に限り、300,000円までを上限とします。(C及びFの治療については除く)

別添図 体外受精・顕微授精の治療ステージと助成対象範囲

男性不妊治療(精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術)をおこなった場合は、上記のほかに1回の男性不妊治療につき150,000円までを上限に助成します。

ただし通算助成回数のうち初回の治療に限り、300,000円までを上限とします。

通算治療回数

初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満であるときは6回までです。
初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が40歳以上であるときは3回までです。

助成の申請方法

1回の治療終了ごと、治療が終了した日の属する年度内(3月31日まで)に以下の必要書類を健康づくり推進係窓口に提出して申請してください。
ただし、2月及び3月に治療が終了した場合については、同年4月末日まで申請ができます。

必要書類

  1. 赤平市特定不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)
  2. 北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定指令書の写し
  3. 北海道特定不妊治療費助成事業の申請をする際に添付する特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  4. 北海道特定不妊治療費助成事業の申請をする際に添付する住民票謄本及び戸籍謄本の写し
  5. 特定不妊治療の一環として北海道の指定医療機関の医師の指示に基づき他の医療機関で治療を受けた場合は、北海道特定不妊治療費助成事業の申請をする際に添付するその医療機関が発行した領収書の写し
  6. 北海道特定不妊治療費助成事業の申請をする際に添付する治療及び調剤に係る領収書の写し

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力