【経過措置】年度をまたぐ特定不妊治療費助成について

トップ記事【経過措置】年度をまたぐ特定不妊治療費助成について

令和4年4月からの不妊治療保険適用に伴い、北海道の特定不妊治療費助成事業は終了となりますが、年度をまたぐ1回の治療については経過措置として、助成金の対象となります。北海道の助成対象となった治療については、赤平市においても上乗せ助成を行います。

【経過措置】赤平市特定不妊治療費助成について

不妊治療のうち「体外受精」および「顕微授精」(北海道特定不妊治療費助成事業の対象となる治療)を受けている夫婦に対し、その治療に要する費用の一部を助成します。

助成の対象者

北海道が実施している特定不妊治療費助成事業による助成の決定をうけて、かつ次の要件を満たすかたです。

  1. 北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定を受けている
    (治療期間の初日が令和4年3月31日以前であり、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に治療が終了したかた)
  2. 申請日において夫婦のいずれか一方または両方が赤平市内に居住し、住民基本台帳に記載されていること。
  3. 申請する治療について、赤平市以外の市町村から助成を受けていないことまたは受ける予定がないこと。

不妊・不育でお悩みの方へ|妊娠・出産に関する悩み (北海道保健福祉部子ども未来推進局のホームページへのリンク)

助成の金額

  • 北海道特定不妊治療費助成事業による助成金を控除した自己負担額
    • 採卵を伴う治療:1回の治療につき300,000円までを上限とします。
    • 採卵を伴わない治療など:1回の治療につき100,000円までを上限とします。
  • 男性不妊治療を行ったとき
    上記自己負担額のほかに、300,000円を上限とします。(採卵を伴わない治療を除く)

助成の申請方法

1回の治療終了ごと、治療が終了した日の属する年度内(3月31日まで)に以下の必要書類を健康づくり推進係窓口に提出して申請してください。
ただし、2月および3月に治療が終了した場合については、同年4月末日まで申請ができます。

必要書類

  1. 赤平市特定不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)
  2. 北海道特定不妊治療費助成事業の助成決定指令書の写し
  3. 北海道特定不妊治療費助成事業の申請をする際に添付する特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  4. 北海道特定不妊治療費助成事業の申請をする際に添付する住民票謄本及び戸籍謄本の写し
  5. 特定不妊治療の一環として北海道の指定医療機関の医師の指示に基づき他の医療機関で治療を受けた場合は、北海道特定不妊治療費助成事業の申請をする際に添付するその医療機関が発行した領収書の写し
  6. 北海道特定不妊治療費助成事業の申請をする際に添付する治療及び調剤に係る領収書の写し

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力