【助成事業】民間賃貸住宅建設助成事業(1戸あたり100万円助成) アパート経営をされる皆様へ

トップ記事【助成事業】民間賃貸住宅建設助成事業(1戸あたり100万円助成) アパート経営をされる皆様へ

民間賃貸住宅建設助成事業 のご案内

赤平市では、市内でアパート経営をされる皆様に民間賃貸住宅を建設して頂き、民間賃貸住宅の戸数を増やすことで、移住や定住の促進を図ります。

建設時には1戸当たりの床面積が40平方メートル以上の場合は100万円、30平方メートル以上40平方メートル未満の場合は90万円を経営者の皆様に助成します。

この助成事業を活用して、民間賃貸住宅を建設してみませんか?

申請の前に必ず建設課建築係に相談してください。

民間賃貸住宅建設助成事業って?

住環境の向上と、移住・定住人口の確保及び地域経済の活性化を促進するために、赤平市内に賃貸住宅の建設をする個人及び法人に対して、建設費の一部を助成するものです。

どんな住宅が対象になるの?

  • 建築基準法その他関係法令の基準に適合しているもの
  • 戸建2戸以上又は1棟あたり4戸以上の賃貸契約を締結して賃貸する共同住宅
  • 原則、住戸専用部分が30平方メートル以上であるもの
  • 各戸に玄関、水洗便所、浴室、台所、給湯設備があるもの
  • 各戸に駐車スペースが1台分以上確保されているもの
  • 敷地内での雪処理又は除排雪の計画が適切であるもの
  • 市内に事業所(本社又は支店等)がある法人が施工するもの
  • 組立て式仮設住宅でないもの
  • 公共事業等により補償を受けていないもの

だれが補助金を受け取るの?

  • 市内に民間賃貸住宅を新築する、市内の法人又は個人
  • 市税等を滞納していない者
  • 暴力団の構成員でない者
  • 暴力主義的破壊活動をおこなう団体等に所属していない者
  • 国、道などから本事業と重複して、助成金等の交付を受けていない者

この内容について、調査をおこなうことに同意をいただきます。

補助対象の範囲は?

建築一式工事及び外構工事

補助金の額はいくら?いつもらえるの?

  • 1戸あたりの床面積が40平方メートル以上の場合は100万円、30平方メートル以上40平方メートル未満の場合は90万円を限度
  • 民間賃貸住宅の完成後

この制度はいつまであるの?

令和3年3月31日まで

適正な管理をお願いします

  • 補助金の交付を受けた日から10年間は用途変更や、除却をしてはいけません。
  • この賃貸住宅を売買するには、届出が必要です。
  • 補助金を受け取った個人及び役員の2親等以内の親族は入居できません。(孫・祖父母・兄弟姉妹・配偶者の孫・配偶者の祖父母・配偶者の兄弟姉妹まで)

協力をお願いします

「あかびら住みかエール」に物件情報の登録をお願いします。

「あかびら住みかエール」の制度について

その他

詳細については「赤平市民間賃貸住宅建設助成事業補助金交付要綱」を参照願います。

赤平市民間賃貸住宅建設費助成事業補助金交付要綱 (PDF 105KB)

 

申請の流れ

※認定申請から補助金請求までは、年度を超えることはできません。

  1. 【申請者が作成】補助金交付認定申請に係る事前協議書(別記様式第1号)
    • 設計図面
    • 委任状
  2. 【申請者が作成】補助金交付認定申請書(別記様式第2号)・誓約書兼同意書(別記様式第3号)
    • ※建築基準法による確認済証の交付後
    • 設計図面
    • 工事請負契約書(写し)
    • 土地登記簿謄本及び、土地の賃貸借契約書又は使用賃借契約書(写し)
    • 事業者の住民票又は、商業登記簿謄本
    • 建設工事見積書
    • 委任状
  3. 【市が作成】補助金交付認定(不認定)通知書(別記様式第4号)
  4. 【申請者が作成】補助金交付申請書(別記様式第7号)
    • ※完成後30日以内
    • 建物の表示登記済証(写し)
    • 建築基準法による検査済証
    • 完成写真
    • 完成図面
    • 委任状
  5. 【市が作成】補助金交付(却下)決定通知書(別記様式第8号)
  6. 【申請者が作成】補助金請求書(別記様式第9号)
  7. 補助金交付

関連書類

赤平市民間賃貸住宅建設費助成事業補助金交付様式 (DOC 94KB)

民間賃貸住宅建設助成事業パンフレット(PDF 213KB)

カテゴリー

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力