赤平市新型コロナウイルス感染症拡大防止対策助成金について

トップ記事赤平市新型コロナウイルス感染症拡大防止対策助成金について

目的

 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するために、市内の医療機関等、介護施設、障害者施設の事業者を対象に、消毒薬やマスク、フェイスシールド、非接触型体温計など衛生用品の購入に要する経費に対する臨時的な助成を行い、継続的な感染防止の推進を図ることを目的とする。

助成対象

本市に医療機関等、介護施設、又は障害者施設のいずれかを有している事業者で、申請時において次のすべてに該当するもの。

  1. 本市に医療機関等、介護施設又は障害者施設のいずれかを有していること。
  2. 感染拡大防止対策を実施していること。
  3. 申請時において、事業を営んでいること。

上記機関・施設の定義

  • 「医療機関等」とは、病院、診療所、歯科医院、薬局(保険薬局のみ)、施術所(あん摩マッサージ指圧・はり・きゅう・柔道整復)をいう。
  • 「介護施設」とは、訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、通所介護、通所リハビリテーション、短期入所生活介護、短期入所療養介護、特定施設入居者生活介護、福祉用具貸与、特定福祉用具販売、居宅介護支援、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院、認知症対応型共同生活介護、地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、看護小規模多機能型居宅介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、地域密着型特定施設入居者生活介護、夜間対応型訪問介護、軽費老人ホーム、有料老人ホームをいう。
  • 「障害者施設」とは、居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、重度障害者等包括支援、療養介護、生活介護、短期入所、施設入所支援、共同生活援助、自立生活援助、自立訓練、宿泊型自立訓練、就労移行支援、就労継続支援、就労定着支援、児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、居宅訪問型児童発達支援、保育所等訪問支援、福祉型障害児入所施設、医療型障害児入所施設、地域移行支援、地域定着支援、計画相談支援、障害児相談支援をいう。

助成金の額

一事業者 20万円

申請手続

 助成を受けようとする方は、赤平市新型コロナウイルス感染症拡大防止対策助成金交付申請書(様式第1号)を赤平市介護健康推進課健康づくり推進係窓口に提出してください。この場合において、施術所については、事業をおこなっていることがわかる営業証明等の写しを添付する必要があります。

申請期間

令和2年9月30日(水曜日)まで。

問い合わせ

赤平市介護健康推進課健康づくり推進係

電話番号:0125-32-5665

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力