新型コロナウイルス関連情報

トップ記事新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルス感染者の発生について

 令和4年1月25日(火曜日)、あかびら市立病院に勤務しております職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。
当該職員に関しては、勤務中は手指消毒やマスクの着用等院内感染対策を適切におこなっておりましたので、濃厚接触者はおりませんでした。
 現在、院内における感染リスクは低いものと判断し、1月26日(水曜日)以降の外来診療は通常通り行います。
 あかびら市立病院を利用されております患者様やそのご家族の皆様におかれましては、多大なご心配とご迷惑をおかけしておりますが、引き続き病院職員の体調管理や院内感染対策は万全を期してまいりますので、ご理解とご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

市民の皆様へ(市長メッセージ)

 市民の皆様には、日頃より、新型コロナウイルスの感染対策に、ご理解とご協力をいただき心より感謝を申し上げます。

 市民の皆様にご心配をおかけしている、新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。

 1日あたりの国内新規感染者数は、7万人を超え、過去最多を更新することとなり、道内、そして、赤平市内においても今後さらに増加することが懸念されております。

 このことを受けて、「まん延防止等重点措置」が、1月27日から2月20日の期間におきまして、全道に対し適用となったところです。

 当市におきましても、北海道より報告のあった、1月16日から1月22日までの7日間累計では、2名の新規感染者の公表がありました。

 現在、急増している新型コロナウイルスの変異株であります、オミクロン株は、現時点では、感染力が強い反面、重症化率が低いとされております。しかし、感染者数が増え続けると、高齢者や基礎疾患のある方が重症化するリスクがあります。

 また、濃厚接触者等が増加することにより、様々な業種において業務継続ができなくなる状況も危惧されております。

 ワクチン接種につきましては、医療機関や高齢者施設の方から3回目の 接種を開始しており、今後2回目接種から一定期間経過した方から順次接種 券を発送していきます。ワクチン接種は発病と重症化の予防が期待されるので、接種についてご検討いただければと思います。

 皆さまへ改めてのお願いとなりますが、これまでと同じく、マスクの着用や手洗い等の再徹底、ソーシャルディスタンスの確保等をお願いいたします。

 結びに、新型コロナウイルス感染症対策に日々ご尽力をいただいております、医師会・医療機関・介護施設等の皆様に対しまして、重ねて敬意と感謝を申し上げます。

令和4年1月27日 赤平市長 畠山 渉

赤平市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について

道内の新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み、新型コロナウイルス感染症に対する情報共有を行い、今後不測の事態が発生した場合においても迅速かつ的確な対応を行うため、令和2年2月25日に畠山市長を本部長とする「赤平市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置しました。

市の対応について

道内の発生状況等について

ワクチンに関する情報について

ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときのお願い

北海道における無料検査について

赤平市の支援制度について

生活支援策等について

事業者への支援策等について

市民のみなさまへのお知らせ

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症の概要

受診・相談について

公開日:

アンケート

※必須入力

いただいたご意見については、原則回答しておりませんのであらかじめご了承ください。

このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力