「赤平市炭鉱遺産活用基本構想」を策定しました

2017年5月22日

 

炭鉱遺産の継承と活用については、赤平市しごと・ひと・まち創生総合戦略の中で重点施策として位置づけられています。

赤平市では、国内でも貴重な歴史的建造物・資料として評価されている炭鉱遺産を保存・継承し、幅広く活用するため、「赤平市炭鉱遺産活用基本構想」を策定いたしました。

 

 

構想について

赤平市炭鉱遺産活用基本構想

赤平市炭鉱遺産活用基本構想.pdf(1MB)

 

赤平市炭鉱遺産活用基本構想(参考資料).pdf(880KB)

 

策定の経過

平成28年7月、炭鉱遺産の研究をしている大学教授や民間ガイドなどの有識者、行政関係者によって、赤平市炭鉱遺産活用検討協議会が発足し、計8回にわたる協議が行われました。

赤平市ではこの協議の結果を基に「赤平市炭鉱遺産活用基本構想(案)」を作成し、市内4会場にて市民の皆さんからご意見をうかがいました。

協議会の結果と市民の皆さんからのご意見を参考として検討し、基本構想の完成となりました。

 

赤平市炭鉱遺産活用検討協議会名簿

赤平市炭坑遺産活用検討協議会 委員名簿.pdf(49KB)

 

赤平市炭鉱遺産活用検討協議会要点記録

要点記録.pdf(202KB)

 

 

 

お問い合わせ

企画課
企画調整係
電話:0125-32-1834
ファクシミリ:0125-32-5033

メールソフトによりメールを送信する場合は、メールアドレスの表示は@(アットマーク)が
画像となっております。コピーする際は@を別途入力ください。