「フロン排出抑制法」の適正な運用について

2016年12月7日

 平成27年4月1日に施行された「フロン排出抑制法」(フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律)においては、業務用エアコンや冷凍・冷蔵機器のうち、冷媒としてフロン類が使用されている機器(同法では「第一種特定製品」)の管理者(使用者など)を対象として、次のような内容が求められております。

 

1 平常時の対応

  ア 適切な場所への設置等

  イ 機器の点検

     3ヶ月に1回以上実施する「簡易点検」の実施

     一定の第一種特定製品については、専門知識を有する者による「定期点検」の実施

 

 2 フロン類の漏えい発見時の対応

  漏えい防止措置、修理をしないままの充填の原則禁止

 

3 点検等の履歴の保存等

  適切な機器管理を行うため、機器の点検・修理、冷媒の充填・回数等の履歴を記録・保存

  機器整備の際に、整備業者等の求めに応じて当該記録を開示すること

 

4 フロン類算定漏えい量の報告

  フロン類の算定漏えい量が年間1000t-CO2以上の事業者については、事業者の名称・所在地や算定漏えい量を国に報告しなければなりません。

 

5 その他(説明会・罰則等)

  北海道では、事業者等が参加する各種会合等の場において、法制度の説明会として「出前講座」を開催しています。

  何人もフロン類をみだりに放出した場合、「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられます。

 

 

お問い合わせ

市民生活課
生活環境交通係
電話:0125-32-2215
ファクシミリ:0125-34-4188

メールソフトによりメールを送信する場合は、メールアドレスの表示は@(アットマーク)が
画像となっております。コピーする際は@を別途入力ください。