あかびら市民まちづくり提案事業(市税1%市民予算枠制度)

2017年8月1日

市民のみなさんのアイデアをかたちに!市民のみなさんが決める予算枠!

 

アイデア 

1.制度の趣旨


・この制度(あかびら市民まちづくり提案事業)は、市民の皆さんから市に実施して欲しい事業について「良いところ(長所・魅力)」や「心配なところ(課題・改善)」をふまえ、公益的・公共的な視点で、地域の身近な課題解決となる事業やまちづくりに有益な事業を提案していただきます。提案された事業は、市民組織による審査会において審査を行い、採択されたものは翌年度に市や団体等が実施します。

 

 

~市税1%市民予算枠とは~
・前年度の市税の1%(約800万円)を本制度の財源(上限額)=市税1%市民予算枠といたします。
・上記の額を目安として、最終的に市税1%市民予算枠内で市民組織の審査を経て、市長が採択事業を決定いたします。

 

  

2.提案できる方


・事業を提案できる方は、市民及び市内に勤務する方や市民団体等です。
・ただし、上記の要件を満たしていても次のいずれかに該当する方は提案ができません。
(1) 宗教上の教義を広め,儀式行事を行い、及び信者を強化育成することを目的とし、その目的のため事業を提案しようとする方
(2) 政治上の主義を推進し、支持し、又はこれに反対することを目的とし、その目的のため事業を提案しようとする方
(3) 公職にある者(候補者を含む。)若しくは政党を推薦し、又はこれらに反対することを目的とし、その目的のため事業を提案しようとする方
(4) 暴力団若しくはその構成員(暴力団の構成団体の構成員又はその構成員でなくなった日から5年を経過しない者を含む。)の統制下にある方

 

3.提案できる事業


・提案できる事業は、平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日まで)に市や団体が実施可能な事業で、次の要件のいずれかに該当する事業です。
(1) 市民サービスにつながるもの
(2) 市の活性化につながるもの
(3) 市政運営の効率化につながるもの

 

・ただし、次に掲げるものは提案から除くものといたします。
(1) 市に決定権限のないもの(国や北海道等の許可が必要となるもの)
(2) 法令、条例等に違反するもの
(3) 宗教又は政治活動に関係するもの
(4) 費用に比して得られる効果が明らかに乏しいと認められるもの
(5) 個人的な要望、苦情等と認められるもの
※市に対する苦情に類するもの又は内容が不明なもの等の提案事業として不適切なものについては、当初から受理はいたしません。

 

4.事業の募集

 

・事業の募集については、次のとおりといたします。
□募集期間 平成29年8月1日(火)~10月16日(月)
□提出書類 あかびら市民まちづくり提案(市税1%市民予算枠制度)事業提案書

あかびら市民提案事業実施要綱.pdf(86KB)

あかびら市民提案事業提案書.docx(10KB)

あかびら市民提案事業提案書(例).pdf(116KB)
□提出方法 持参提出及び郵送・メールでの提出
□提出先  赤平市企画課企画調整係

 

5.審査について

 

・市民で組織する赤平市しごと・ひと・まち創生総合戦略みらい部会において審査をいたします。
・内容をより深く理解するため、提案者にも出席していただき、意見交換を主体とするヒアリング審査をいたします。

 

6.採択の決定について

 

・審査会の審査結果を基に、市長は事業を決定し、採択か不採択かを提案者に通知いたします。
・採択された事業は翌年度に市・団体が実施することとして、具体的な実施内容、実施方法を検討し、市が市議会に対して予算を提案いたします。

 

お問い合わせ

企画課
企画調整係
電話:0125-32-1834
ファクシミリ:0125-32-5033

メールソフトによりメールを送信する場合は、メールアドレスの表示は@(アットマーク)が
画像となっております。コピーする際は@を別途入力ください。