国保の手続きに必要なもの

2015年1月6日

 

手続きに必要なもの 

 

  どういうとき? 必要な書類等
国保に加入するとき  ほかの市区町村から転入  ほかの市町村からの転出証明書
 職場の健康保険をやめた  職場の健康保険をやめた証明書(離脱証明書など)
 子供が生まれた  母子手帳
 生活保護を受けなくなった  廃止決定通知書
国保をやめるとき  他の市区町村へ転出した  被保険者証、印鑑、通帳
 生活保護を受け始めた  被保険者証、印鑑、通帳
 職場の健康保険へ加入した  被保険者証(国保、職場の保険)、印鑑、通帳
 加入者が死亡した  被保険者証、印鑑、喪主の方の通帳
その他  住所や氏名が変わったときや、世帯が分かれたり一緒になったとき  被保険者証、印鑑、通帳
 被保険者証をなくしたり、汚れて再交付するとき  本人確認できるもの(診療券など)、印鑑
 入院したとき(限度額適用・標準負担額減額認定証の申請時)  被保険者証、印鑑
 子が就学のため他市町村へ転出したとき  被保険者証、就学者の在学証明書
 出産育児一時金  母子手帳、領収書及び明細書(直接支払制度を利用しなかった場合)

 

 

上記のほか、平成28年1月より個人番号(マイナンバー)の記載が必要になりました。くわしくはこちらをクリックしてください。

 

お問い合わせ

市民生活課
医療保険係
電話:0125-32-2214

メールソフトによりメールを送信する場合は、メールアドレスの表示は@(アットマーク)が
画像となっております。コピーする際は@を別途入力ください。