高齢者世帯等除雪費助成事業について

2014年10月28日

 市では、高齢者世帯、障がい者世帯、ひとり親世帯等で自力での除雪が困難であり、支援してくれる親族も無い世帯について、除雪にかかる費用の一部を助成します。

 

1.対象世帯

 市内に居住し、身体的事由などから自力での除雪が困難であり、親族から労力又は経済的援助が受けられず、市税等の滞納が無い世帯で次のいずれかに該当する世帯

(1)75歳以上のひとり暮らし又は75歳以上の方のみの世帯

(2)身体障がい者1級から3級の方のみの世帯

(3)要介護1以上の方のみの世帯

(4)就学前の子のみを持つひとり親世帯

(5)上記(1)~(4)のみで構成される世帯

(6)知的障がい者の属する世帯等(1)~(5)に準じる世帯で、市長が特に対象と認めた世帯

 

 ※ 上記の要件に該当しても、長期入院や施設入所されている方、生活保護を受給されている方は対象となりません。

 

2.除雪範囲

(1)玄関から道路までなどの生活に必要な箇所の除雪

(2)公道除雪後の置き雪の除雪

(3)屋根雪おろしや屋根から落ちた雪の除雪

 

 ※ 生活に支障が無い車庫や物置前の除雪は対象となりません。

 

3.助成の額

 12月1日から翌年3月31日の間に、業者や個人に除雪を依頼し、支払った除雪費の2分の1を助成します。ただし、1世帯2万円を上限とします。

 

 ※ 自己で使用する除雪機械や融雪設備にかかる燃料代などは対象となりません。

 ※ 業者や個人への除雪の依頼は申請者個人で行ってください。

 

4.申請手続き

(1)事前登録申請

 助成を受けるためには、助成対象世帯としての事前の登録が必要です。所定の申請用紙に必要事項を記入し、お住まいの地区担当民生委員又は町内会長の確認印を受け、社会福祉協議会へ提出してください。

 受付期間は原則として、11月1日から12月30日(平日の9:00~17:00)とします。

 

 ※ 前年度に助成を受けた方は別途、申請書を郵送しています。

 

(2)助成金交付申請

 助成金の交付は原則1回とし、1月から3月末日までの間に除雪の実施日や作業内容、金額など市で定める事項が記載された領収書を添付した交付申請書を社会福祉協議会へ提出してください。

 交付申請書の内容を確認し、助成金額を決定した後、1ヶ月以内に交付します。

 

5.その他

  知人や友人など個人に除雪を依頼する場合は、その除雪をする方の登録が必要です。運転免許証など身分を証明できるものを持参し、社会福祉協議会で手続きを行ってください。

 

 ※ 以前に登録された方は、あらためて登録する必要はありません。

 

助成対象世帯登録申請書(新規用)(38.2KBytes)

 

個人作業者登録届.doc(28.0KBytes)

お問い合わせ

介護健康推進課
介護福祉係
電話:0125-32-2217

メールソフトによりメールを送信する場合は、メールアドレスの表示は@(アットマーク)が
画像となっております。コピーする際は@を別途入力ください。