ウェブアクセシビリティ

2013年3月8日

 赤平市のホームページでは、利用する皆さんの立場となって使いやすい、見やすいページの作成を心がけています。 このホームページは、CMS(クライアントマネージメントシステム)によって作成しているため、 統一した方針としてアクセシビリティのためのガイドラインを策定しています。
 今後もより使いやすい、見やすいサイト管理のために皆さんのご意見を随時募集しています。 また、ページ内に見にくい場所がありましたら、メール でご連絡ください。 

 

 

むやみに外国語や外来語(カタカナ言葉)を使いません

 

 インターネット利用者の中には、英語や外来語が苦手な人も大勢います。 英語や外来語を不用意に使うことのないよう心がけます。

 

 

 

複雑なことを文章だけで説明しないようにします

 

 長い文章が続くページは、特に子どもや高齢者の方の理解が難しくなります。 できるだけわかりやすい文章となるよう、一文は短めにし、具体的な説明を要する場合にはイラストや写真を添えるよう心がけます。 

 

 

画像にALT(代替文字情報)を付けます

 

 視覚障がい者の方はHTML読み上げソフトを使ってホームページを「聞き」ます。 そのソフトで読み上げたときに、画像にALT属性が付いていないとそこにどんな写真(画像)が掲載されているのかまったくわかりません。 特に見出しやリンクボタンが画像で表示されている場合は、文章全体の構造や、どこを指定したらいいかがまったくわからなくなります。

 

 意味のある画像には適切なALT情報を付けるよう心がけます。 

 

 

そのページの内容がわかるようなタイトルを付けます

 

 タイトル情報が未設定の場合、視覚障がい者の方はそのページに何が書かれているかとてもわかりにくくなるだけでなく、 そのページのアドレスを「エイチティーティーピーコロンスラッシュスラッシュ……」と延々と聞かなければならなくなります。
 また、タイトル情報が設定してあっても、すべてのページに「赤平市のホームページ」というようなまったく同じタイトルのみの場合は、ページの区別がつかず、 どのページにアクセスしたらいいのかわからなくなってしまいます。
 それぞれのページには、そのページの内容がわかり、ほかのページと区別できるようなタイトルを 付けるよう心がけます。

 

 

単語内にスペースを入れません

 

 たとえば「政_治」と表示した場合、HTML読み上げソフトは「まつりごと おさむ」と読んでしまいます。
 このほかにも日付を11/1のようにスラッシュで切って表示すると「いちぶんのじゅういち」と読み上げたり、 時刻を10:30のようにコロンで区切って表示すると「じゅう さんじゅう」と読み上げたりするのでそう表示しないよう心がけます。

 

 

機種依存文字や半角カタカナは使用しません

 

 機種依存文字や半角カタカナは、あるパソコンでは正常に表示されますが、他のパソコンでは他の文字や空白などで表示されて意味が通じなくなってしまいます。
 機種依存文字や半角カタカナは使用せずに、やむを得ず用いる場合は、文字を画像化して表示します。

 

 

安易に新しいウィンドウでリンク先を開かないようにします


 リンクを設け、そのリンク先をtarget=_blankとして新しいウィンドウを開かせると、 HTML読み上げソフトを利用しているとどこを読上げているかわからなくなります。
 どうしても新しいウィンドウを開かせる必要がある時は、リンクの文章に「新しいウィンドウで開きます」と書き加えるようにします。

 

 

 

 

お問い合わせ

企画課
広報広聴係
電話:0125-32-1834
ファクシミリ:0125-32-5033