指定管理者制度

2013年4月1日

■地方自治法の改正
 地方自治法の一部改正が平成15年6月6日に成立し同年9月2日から施行され,普通地方公共団体が設置する公の施設の管理方法が,従来の「管理委託制度」から「指定管理者制度」に移行されました。
■公の施設
 公の施設とは,普通地方公共団体が住民の福祉を増進するために設置し,その地方公共団体の住民が利用する施設のことで,体育施設,文化施設,社会福祉施設,観光施設などがあります。
 公の施設であるかの判断は,当該施設の設置目的及び住民の利用形態を勘案した上で,行政的管理の必要性の有無を基準として設置者である地方公共団体が判断します。
■適用外の施設
 市役所や支所などの行政事務所,さらに学校,河川,道路など個別法によって管理者が限定されている施設は,指定管理者制度の対象にはなりません。
■管理委託制度と指定管理者制度の違い

指定管理と委託.jpg 

■指定管理者制度の目的
 指定管理者制度は,多様化する住民ニーズに,より効果的,効率的に対応するため,公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ,住民サービスの向上を図るとともに,経費の削減等を図ることを目的とするものです。
■当市における指定管理制度適用施設
 平成29年4月1日現在
■赤平市公の施設に係る指定管理者選定委員会
 指定管理者候補者の選定等を行うために,指定管理者選定委員会を設置しています。
 委員会は,次の事項を処理します。
 ・指定管理者の候補者の選定に関すること。
 ・審査結果の市長への報告に関すること。
 ・その他必要な事項に関すること。
 赤平市公の施設に係る指定管理者選定委員会委員名簿
■指定管理者候補者選定結果
 平成23年度選定結果

 平成25年度選定結果

 平成27年度選定結果

 平成28年度選定結果
■関係条例等

 赤平市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例
 赤平市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則
 赤平市公の施設に係る指定管理者選定委員会設置要綱
 赤平市指定管理者制度ガイドライン

お問い合わせ

総務課
庶務係
電話:0125-32-2211
ファクシミリ:0125-32-5033

メールソフトによりメールを送信する場合は、メールアドレスの表示は@(アットマーク)が
画像となっております。コピーする際は@を別途入力ください。