公的個人認証サービス

2013年3月8日

公的個人認証サービスとは?

 

 今後、様々な行政手続がインターネットを通じてできるようになります。この際,利用者の方が安心してインターネットを通じた行政手続を行うためには、他人によるなりすまし申請が行われていないことや、利用者からインターネットを通じて送信される電子データが途中で改ざんされていないことを行政機関が確認する機能が必要になります。
 公的個人認証サービスとは、利用者の方が使用する電子証明書を交付し、他人によるなりすまし申請や通信途中での改ざんなどを防ぐための機能を、全国どこに住んでいる人に対しても、安い費用で提供するものです。

 

公的個人認証サービスを利用するには

 
  ●住民基本台帳カードが必要です。

    (電子証明書は住民基本台帳カードに格納されます。)

 
  ●インターネットに接続後のパソコンとICカードリーダライタが必要です。

  
  ●電子証明書の発行手続きが必要です。

    (手続き後に「利用者クライアントソフト」が配布されます。)

 その後、ご使用になるパソコンにICカードリーダライタを接続し、利用者クライアントソフトをインストールすると準備完了です。

 


電子証明書の発行手数料

500円


注意

 当市役所においては、電子証明書の発行や失効の手続き等を行っておりますが、実際にそれを利用する相手先は国等の機関になります。


サービスの詳細は右のサイトにてご確認願います。→公的個人認証サービスポータルサイト。

 

お問い合わせ

市民生活課
戸籍年金係
電話:0125-32-1823
ファクシミリ:0125-33-8428