印鑑登録及び証明

2017年5月1日

印鑑登録の方法

印鑑登録資格

 

 登録者本人です。ただし、やむを得ない理由により直接本人が窓口に来られない時に限り、代理人による申請もできます。代理人の場合は、代理人選任届又は委任状が必要となります。 

 なお、代理による登録の場合、本人の意思確認のため本人宛に照会文書を郵送しますので、回答書に本人が記入してそれを代理人が窓口に再度持参してから、印鑑登録開始となります。このような手続きがあるため登録完了まで数日を要します。


  条件…赤平市に住所登録している人

 

印鑑登録できない人

  • 外国人登録されていない外国人
  • 15歳未満の人
  • 成年被後見人

 

印鑑登録に必要なもの 
 本人の場合…登録する印鑑 

 代理人の場合…登録する印鑑、受付済の委任状及び印鑑登録回答書


※いずれの場合も窓口にお越しの方の身分確認をしています。

 

 ◇ 写真付の証明の場合…1点用意してください。

  (運転免許証、マイナンバーカード、旅券、身体障害者手帳、住民基本台帳カード(写真付)など公的機関発行の来庁者の写真付のもの)


 ◇ 写真付のものでない証明の場合→2点用意してください。

   (健康保険証、各種年金証書、年金手帳、介護保険被保険者証、母子手帳、預金通帳、住民基本台帳カード(写真無)など来庁者の氏名が記載されているもの)

印鑑登録申請書.docx(15KB)

 

印鑑登録証明委任状.docx(10KB)

                            

印鑑登録証の再発行等の方法 

印鑑登録証の再発行

 

 方法は上記と同じですが、印鑑登録証の再発行料金400円をいただいております。

 

 ※新規登録と同じように身分確認ができるものが必要です。


改印(登録してある印鑑の変更)

 

  方法は上記と同じですが、手数料はかかりません。発行済みの印鑑登録証と登録済みの印鑑(旧)及び新たに登録する印鑑をご持参ください。

 

 ※新規登録と同じように身分確認ができるものが必要です。


廃印(登録の取りやめ)

 

 発行済みの印鑑登録証をご持参願います。手数料はかかりません。また、市外に転出された方につきましては、自動的に廃印となりますので、印鑑登録証は返却していただきます。

 

 ※新規登録と同じように身分確認ができるものが必要です。(ただし、市外転出者の印鑑登録証の返還の場合を除きます。)

印鑑登録申請書.docx(15KB)

印鑑登録再交付(改印・廃印)申請書.docx(22KB)

印鑑登録証明委任状.docx(10KB)

 

印鑑登録証明書の交付

本人の場合…印鑑登録証、本人確認書類


同じ世帯員又は直系の親族の場合…印鑑登録証、窓口に来られる方の本人確認書類

 

代理人の場合…印鑑登録証、委任状、窓口に来られる方の本人確認書類

 

※注)委任された方は窓口用の申請書に必要とする方の名前、住所、生年月日を記載していただきますが、明確に記載できない場合は交付できませんので、事前に確認してください。

 
手数料  400円

印鑑登録証明交付申請書.xls(24KB)
印鑑登録証明委任状.docx(10KB)

 

お問い合わせ

市民生活課
戸籍年金係
電話:0125-32-1823
ファクシミリ:0125-33-8428

メールソフトによりメールを送信する場合は、メールアドレスの表示は@(アットマーク)が
画像となっております。コピーする際は@を別途入力ください。