子ども医療費助成制度(高校生以下の医療費無料化)

2016年4月1日

赤平市では、子育て支援の一環として、市内にお住まいの高校生以下の医療費を全額助成しています。

(平成28年4月診療分より、高校生以下の医療費が無料になりました。)

 

 

 

対象者

 


市内に住所のある高校生以下の子ども(18歳に達する日以降の最初の3月31日まで)

 

※婚姻している場合(事実婚も含む)と、所得があり、税法上の扶養から外れている子どもは対象外となります。

 

 

 

  

助成対象

 


保険適用となる医療費(入通院とも、歯科・薬局分含む)

 

※赤ちゃんの健診(○ヶ月健診)や保険適用外(自費)分、くすり容器代・入院時食事代・病衣・診断書料・おむつ代等は、助成対象外です。

また、医療を受けた日の属する月の末日から起算して2年を超えた場合、助成を受けることはできません。

  

 

 

手続きに必要な物

 


受給者証の交付申請には、次の書類が必要です。

 

1.健康保険証
2.印鑑


※転入の方は、前年の所得等がわかる書類(所得証明書・課税証明書)

 

  

 

所得制限について

 

 

所得制限はありません。

 

  

 

助成方法

 

 

対象者には、申請手続きをしていただいた上で、受給者証を配布します。医療機関等で受給者証を提示していただくと、その場で医療費が無料となります。

 

※その場で受給者証を使えなかったり、医療費が無料にならなかったりする医療機関等も一部あります。道外の場合も、受給者証は使えません。こうした場合、医療機関等で支払った医療費の領収書・受給者証・印鑑・保険証を持参の上、市役所へおこしください。後日、医療費全額をお振込みします(振込先口座情報も必要です)。

 

※ひとり親家庭等・重度心身障害者医療費受給者証の対象である高校生以下の方は、これまでどおりの受給者証で、子ども医療費受給者証と同じ助成を受けられます。 

  

 

 

払い戻し請求及び支払いについて

 


払い戻し請求の際は、次の書類が必要です。なお、払い戻し請求は領収書を1カ月分まとめて請求してください。

 

1.子ども医療費受給者証

2.領収書(診療年月日、初診、再診、診療点数、支払額が記載されたもの)
3.健康保険証
4.通帳(ゆうちょ銀行も可)

5.印鑑

 

※支払方法は、月末までに請求された分は翌月に預金口座に振込みとなります。

 

 

  

届出について

 

 

次の場合、届出が必要になります。

 

・市外へ転出するとき
・住所、氏名が変わったとき
・健康保険証が変わったとき
・再交付を受けるとき
・世帯の異動があったとき

 

 

  

関連書類

 

 

申請書のダウンロードはこちら 

 

 

 

お問い合わせ

社会福祉課
子ども未来・医療給付係
電話:0125-32-2216

メールソフトによりメールを送信する場合は、メールアドレスの表示は@(アットマーク)が
画像となっております。コピーする際は@を別途入力ください。