重度心身障害者医療費助成制度

2013年3月1日

重度心身障害者医療費助成制度は、重度の障害がある方の医療費の一部を助成することによって、健康の保持増進を図ることを目的としています。

 

 

 

対象者


・ 「身体障害者手帳」の交付を受けた方であって、1級、2級、3級に該当する方。ただし、3級は心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫、肝臓の機能障害に限ります。

・ 知的障害者更生相談所において重度(療育手帳A)の知的障害と判定された方。

・ 精神保健福祉センター又は精神科を標ぼうする医療機関の医師において重度の知的障害と判定又は診断された方。

・ 精神保健福祉手帳1級に該当する方(入院は助成の対象外)。

 

 

 

 

手続きに必要なもの


  受給者証の交付申請には、次の書類が必要です。

1.「身体障害者手帳」、精神保健福祉手帳、療育手帳又は医師の診断書
2.健康保険証
3.印鑑
 ※ 転入の方は、前年の所得がわかる書類(所得証明書・課税証明書)

 

 

 

 

所得制限について


 本人及び配偶者または扶養義務者の方で、前年の所得が一定額以上ある場合は該当になりません。

 

 

 

 

負担額

 

3歳未満児および市民税非課税世帯

 

 →初診時一部負担金のみ負担(医科580円・歯科510円・柔整270円)

 

市民税課税世帯

 

 →医療費の1割を負担(月額上限 入院 44,400円・通院12,000円)

 

 

 

 

医療機関にかかるとき


・道内の医療機関にかかるときは、健康保険証と重度心身障害者医療費受給者証を医療機関に提示すると、助成を受けることができます。

 

・道外の医療機関にかかったときは、医療費を一時自己負担してください。その後、申請により助成金の払い戻しを受けることができます。

 

 

 

払い戻し請求及び支払いについて


 払い戻し請求の際は、次の書類が必要です。

1.重度心身障害者受給者証
2.領収書
3.健康保険証
4.通帳(ゆうちょ銀行も可)
5.印鑑
 ※ 支払方法は、申請月の翌月に預金口座に振込みとなります。

 

 

 

 

届出について


 次の場合、届出が必要になります。

・重度心身障害者でなくなったとき
・市外へ転出するとき
・受給者証の有効期限が満了したとき
・住所、氏名が変わったとき
・健康保険証が変わったとき
・再交付を受けるとき
・世帯の異動があったとき

 

 

 

 

関連書類

 

 

 申請書のダウンロードはこちら

 

 

 

お問い合わせ

社会福祉課
子ども未来・医療給付係
電話:0125-32-2216