住宅用火災報知器の設置義務に伴う建築確認申請の取扱いについて

2013年2月26日

 
住宅火災によ犠牲者を減らすために、消防法が改正され、全国一律に住宅用火災報知器の設置が、平成18年6月1日より義務づけられることになりました。
そのため、平成18年6月1日以降、確認申請を提出する場合には、平面図に火災報知器の設置場所と確認申請書第四面(建築物別概要)の【8.建築設備の種類】欄に火災報知器と記載して下さい。

※設置場所等の基準については、「住宅用火災報知器(住宅用防災警報器等)の設置について」を参照して下さい。

 

○住宅用火災報知器の設置について


 
 

お問い合わせ

建設課
電話:0125-32-1844