成人各種健診(検診)

2018年4月9日

viewimg.gif平成30年度検診の受付案内ページへ     

 

 

 

 

 がん検診

  

  胃がん検診      胃バリウム検査 

                                   30歳以上

 

  肺がん検診      胸部レントゲン検査 

                                   30歳以上

 

  かく痰検査       採痰検査(痰を3日間採取し提出)

                                   50歳以上で喫煙指数600以上の方(喫煙指数1日の喫煙本数×喫煙年数)

 

  大腸がん検診    便潜血検査(便を2日間採取し提出)

                                   30歳以上

 

  乳がん検診      マンモグラフィー検査 (検診機関によっては触診があります。)

                                   40歳以上女性

 

  子宮頸がん検診  子宮頸部細胞診

                                   20歳以上女性

 

 

 20代・30代のための健診

 

  20代・30代のための健診 身体計測 血液検査 尿検査 診察等 

    ・20歳~39歳で職場等において健診を受ける機会の無い方

    ・20歳~39歳で職場等において健診を受ける機会があるものの以下の項目の検査を受け

          られていない方

    HDLコレステロール、LDLコレステロール、血糖、HbA1c、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ‐GT

         (γ‐GTP)、尿酸

 

 

  スマホdeドック 簡易採血 血液検査 

 

    ・20歳~39歳で職場等において健診を受ける機会の無い方

 

    ・20歳~39歳で職場等において健診を受ける機会があるものの以下の項目の検査を受け

          られていない方

 

    HDLコレステロール、LDLコレステロール、血糖、HbA1c、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ‐GT

         (γ‐GTP)、尿酸

 

    

 

 

 肝炎検査

 

  肝炎検査  B・C型肝炎ウイルス検査(血液検査)

    ・今年度満40歳となる方 

         ・満41歳以上で過去に肝炎ウイルス検査を受けたことがない方

 

 

 エキノコックス症検査

 

  エキノコックス症検査  エキノコックス症検査(血液検査)

    ・小学校3年生以上

 

 

 特定健診 

  メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者と予備軍の方を早期に発見し生活習慣病

    を予防するための健診です。

  40歳を過ぎたら必ず年1回うけましょう。

 

  対象者

  

      市が行う健診の対象者は、40歳以上で赤平市国民健康保険加入者です。

      現在病医院等で治療中の方も対象となります。

 

 

 特定保健指導とは

     内臓に脂肪がたまると、その脂肪から身体に悪い影響を与えるホルモンが分泌されます。

     このホルモンは、血管を収縮させたり、血中の脂質を増やしたり、様々な悪さをします。

     メタボリック症候群になると加速度的に動脈硬化を進行させ、心臓病や脳卒中といった重大な病

     へと近づけます。

     特定健診において、メタボリック症候群またはその予備軍と判定された方は、保健師や管理栄養

     士等による特定保健指導を受け、早期に生活習慣を改善し重大な病気を防ぎましょう。

 

 

 

 

お問い合わせ

介護健康推進課
健康づくり推進係
電話:0125-32-5665
ファクシミリ:0125-34-4188

メールソフトによりメールを送信する場合は、メールアドレスの表示は@(アットマーク)が
画像となっております。コピーする際は@を別途入力ください。